リサーチ

【2018年度版】求人サイト利用調査アンケートを100人に行いました

【2018年度版】求人サイト利用調査アンケートを100人に行いましたのイメージ

求人サイトを利用するユーザーは求人サイトについてどう思っているか?ということを調査するために、ランサーズというクラウドソーシングを利用して、100人に利用調査アンケートを行いました。

本アンケートは2017年にも実施しており、今回は2018年度版になります。2017年に行ったアンケートは以下をご覧ください。

求人サイト利用調査アンケートを100人に行いました
求人サイトの利用調査を行うために、Shinobiアンケートというサービスを利用し、100人にアンケートを行いました。 ...
求人サイト利用調査アンケートを100人に行いましたのサムネイル

ランサーズではタスクという依頼方法を使い、ランサーズに登録されているユーザーに複数の質問をすることができます。前回のアンケートよりも多くの項目を尋ねることができ、詳細な回答をいただくことができました。

質問内容は「回答者の性別」「回答者の年代」「求人サイトを選ぶ基準」「求人サイトでよく使用するコンテンツ」「求人サイトで欲しい機能やサービス」の計5つになります。

前4つは選択式の項目であるため、横棒グラフでご紹介します。「求人サイトで欲しい機能やサービス」は自由記入であるため、筆者が目についたご意見を一部抜粋してご紹介したいと思います。

それではどんな回答になったか見てみましょう。

目次[非表示]

回答者の性別

「回答者の性別」に関する横棒グラフ 男性:46 女性54

女性の方が若干多いものの、それほど偏りがなく回答していただきました。

回答者の年代

「回答者の年代」に関する横棒グラフ 20代:18 30代:35 40代:39 50代:6 60代:2

30代40代の回答が多いです。転職を考えだす時期がこの年代かもしれません。

求人サイトを選ぶ基準

「求人サイトを選ぶ基準」に関する横棒グラフ 求人数が多い:43 情報がわかりやすい:33 知名度がある:13 運営者が信頼できる:8 更新頻度が高い:2 特になし:1

「求人数が多い」が一番多く、「情報がわかりやすい」が続きます。「知名度がある」は13回答あるものの、それほど重視されていない印象です。小規模の求人サイトでも情報がわかりやすければ選ばれるきっかけになる、ということでしょう。

求人サイトでよく使用するコンテンツ

求人検索:94 お気に入り保存:31 企業検索:25 求人特集:18 転職支援サポート:15 よくある質問・ヘルプ:9 ブログ・ノウハウ:4 スカウトサービス:4 イベント・セミナー:3 メルマガの購読:0

求人サイトなので当然ながら「求人検索」がもっとも多くなりました。これは前回のアンケートでも同様の結果だったので、聞くまでもない質問かもしれません。

ただ、意外だったのが「スカウトサービス」です。スカウトは自身のプロフィールやスキルを登録することで、企業から連絡されるサービスですが、あまり利用されないコンテンツとなりました。

これは求職者が受け身で待つのではなく、積極的に自らが希望する求人サイトを探している証拠かもしれませんね。「メルマガの購読」が全く選ばれなかったのも同じ理由だと思います。

求人サイトで欲しい機能やサービス

回答者が既存の求人サイトに対してどんな機能やサービスを欲しているのか?についてもお尋ねしました。選択式アンケートではなく、文章として回答していただく形にしましたので、様々なご意見・ご要望をいただくことができました。

その中で筆者が気になるご意見をいくつか抜粋してご紹介します。

機能に対する要望

・駅や市だけではなく、自分がマップで囲った中での求人を探せる機能が欲しいです。(20代男性)

・パソコン越しに面接の練習や履歴書のアドバイスを人ではなく、AIがしてくれる機能が欲しいです。(30代女性)

・自分の持っている資格がどれだけ役に立つのかなどを、スコアで表示してくれる機能があると嬉しいです。(30代男性)

・価格.comのように、一覧表で求人条件を比較できるような機能が欲しい。(40代女性)

・業種や職種ではなく、「企画したい」などの、「●●したい」「●●できる」といった、意志や希望から検索できる機能があればいいと思います。(40代女性)

操作に対する要望

・勤務地を絞っても、全国勤務の求人が出てきたりします。あまり正確な絞り込みができないサイトが多いので、明確にして欲しい。(30代女性)

・お気に入りに保存した求人情報をフォルダ分けできれば、見やすくなって助かります。(20代女性)

・フリーワードなどの検索機能がどのサイトもいまいち使いにくいので、もっと精度の高い検索機能がほしいです。(40代男性)

情報に対する要望

・社内や働く現場の様子をもっと身近に感じたり、環境を知ることができる、簡単な動画配信があると良いです。(30代女性)

・現在の応募状況が分かると助かります。「定員10名のところ、応募は現在25名あります」のような表示です。(50代男性)

・採用決定者の簡易的な経歴や応募内容などがわかれば、参考にしやすくなると思います。(30代男性)

・仕事体験談を掲載していただけると、自分にあった仕事を探しやすくなると思います。働いてからだと辞めにくいし、思っていた仕事と違ったなどあります。(20代男性)

・実際に働く会社内の設備を知りたいです。 例えば喫煙か禁煙か?トイレの場所はどこにあるのか?などです。(40代男性)

サービスに対する要望

・現地に行くまでの時間や交通費を削減するために、転職支援相談をビデオ電話で行えるサービスがあれば嬉しいです。(20代女性)

・ヘルプやノウハウの支援という括りではなく、実際に応募や面接した応募者側からの率直な意見・感想が投稿できるサービスがあると良いです。(40代男性)

・企業の担当者と就職、転職活動してる人との意見交換や関わりをもてる、掲示板やチャットのようなサービスが欲しいです。(20代男性)

・求人検索などコンテンツを利用することで、ポイントが貯まるサービスがあるとよいです。(40代女性)

・企業の過去3年以内の離職率を知ることができるサービスがあればありがたいです。(30代男性)

その他の要望

・いつも求人を掲載している企業や、ブラック企業・詐欺などの疑いがある求人の掲載に関して、もっとちゃんと管理してほしい。(40代女性)

・私は子育て中ですので、時間に融通がきく仕事を一括で検索出来るサービスが欲しいと思います。(40代女性)

・派遣型の求人サイトで詳しく勤務地が載っていない場合があります。詳しく載っていたら登録して応募してみたいのに、と思っています。(30代女性)

・高齢者でも雇い入れてくれる企業をまとめて紹介するサイトがあれば良いな感じています。(60代男性)

・いろいろな求人サイトを一括で見ることができたら便利です。(40代女性)

アンケートを実施した感想

「求人サイトで欲しい機能やサービス」を見ると、まだまだ既存の求人サイトにできることや求められていることはあるんだなっと感じました。

職場風景がわかる動画配信を希望している方が結構いましたが、今はスマートフォンで簡単に動画を作成することができるので、製作コストは低いです。サーバーの問題はありますが、今後も需要がある機能だと思います。

また、既存の求人サイトに足りない情報として「応募数の表示」「離職率の表示」などが目立ちました。確かにこれらの表示があると応募しやすくなりますし、ブラック企業を避けられやすくなります。

オークションサイトでは「何人が入札しているか?」「どんな評価の出品者が出しているのか?」などの情報を知ることができ、それによって入札の可否も変わってくれるので、求人サイトでも似たような表示が必要なのかもしれませんね。

また、企業の担当者と連絡を取ることができる掲示板やチャットのような機能を求める声も多かったです。ショッピングサイトなどでは、商品についてリアルタイムで質問できるチャットがありますが、求人サイトでも求められているということでしょうか。

実に様々なご意見・ご要望を感じ取ることができ、大変参考になりました。求人サイト構築を行っている者としても、こういった情報があることで、お客さまに提案しやすくなります。

もし、「求人サイト構築を考えているけど、どんなサイトを作ればいいかわからない」とか「自分が考えているサイトは需要があるのかな?」とお悩みの方は、ぜひアンケートを参考にしてください。

今回のアンケートをもとに、今後のアップデートで参考にさせていただきますし、当ブログでも「こういう機能やサービスがあれば面白い!」ということをご紹介していきたいと思います。

関連記事

求人サイト利用調査アンケートを100人に行いましたのイメージ

求人サイト利用調査アンケートを100人に行いました

求人サイトの利用調査を行うために、Shinobiアンケートというサービスを利用し、100人にアンケートを行いま...

アンケート結果から分析する求職者に好かれる求人サイトの条件のイメージ

アンケート結果から分析する求職者に好かれる求人サイトの条件

先日、求職者に対して行った「求人サイトの利用調査アンケート」に関する記事を公開しました。 ...