リサーチ

求人サイト構築の相場とは?目的や予算別に比較

求人サイト構築の相場とは?目的や予算別に比較のイメージ

求人サイトを作りたいと思った時、真っ先に気になるのは「制作費はいくらかかるの?」「相場はどのくらい?」といった料金(コスト)のことですよね。

特に求人サイトの場合はシステムを使うことが多いです。求人システムに実装する機能によっても大きく料金が変わってくるため、「何をすればいくら」という相場がわかりづらいです。

当サイトはあらかじめ料金表を公開していますが、先にご予算を言っていただければ予算に沿った提案をさせていただきますし、場合によってはなるべく費用をかけずに求人サイトを構築する方法を提案することもあります。

費用をかけてでも高機能で高品質な求人サイトが作りたいのか、または「自社サイトに求人情報を掲載できればいい」なのか。目的によって求人サイトの制作方法も異なり、かかる費用も変わってきます。

そこで今回は目的や予算別に求人サイト構築に関する費用について説明したいと思います。

目次[非表示]

自社サイトの求人コンテンツ(システム無)【1~3万円】

自社サイトや自分が運営しているサイトに求人情報を掲載する場合です。求人システムを使用しない場合は安く作ることができます。

例えば募集要項だけ書かれた求人情報で良い場合は、1ページで作ることができます。その場合は1ページ作成する分の制作料金だけで済みます。

求人応募は電話やメールアドレスから直接連絡していただく形になります。「とりあえず求人募集しておくか」といった方にはこれだけでも良いかもしれません。

自社サイトの求人コンテンツ(システム有)【5万円~】

上記の場合だと求人数が増えた時にその都度、制作料金がかかります。また、求職者が応募する時も不便です。間違えた情報を送ってくる可能性もあり、その確認に手間取る場合があります。

ですので、システムを導入して求人情報や応募者の管理を行います。複数求人情報を掲載できるようにしたり、応募フォームを用意して、必要な情報を入力してもらうようにします。

システムの内容や規模にもより金額は異なりますが、応募フォームだけで良い場合はもっと安く作ることが可能です。

手前味噌ですが当方の別サイトで販売している「求人作成システム」は、19,800円で上記のようなことが行なえます。求人ページの作成費用(テンプレート変更)も含めて、約3万円で自社サイトの求人情報を設置できます。

求人サイトを構築(非会員制)【30万円~】

自社サイトではなく、求人専用のサイトを作って求職者と企業に利用してもらう方法です。「非会員制」としているのは、会員機能がある・なしで費用が大きく異なるからです。

単純に企業の求人情報を掲載して、求職者が求人情報を掲載し、応募フォームから応募できる仕組みですと、システムが含まれていても安く作れると思います。

主に必要となるのは、求人サイトのデザイン費と求人システムの開発費用(プラス設置・設定費用)です。

求人サイトのデザインを既存のテンプレートから選ぶ方法や、WordPressなどのオープンソースシステムを使用することで、もっと費用を抑えている業者もいます。

求人サイトを構築(会員制)【50万円~】

非会員制だと求職者や企業が自らデータの更新ができません。運営者の手間もかかりますので、会員制のシステムにして便利にする方法です。

会員制にする場合、不特定多数が利用しますので、セキュリティ面や不具合回避に関するプログラミング(設定)を行わなければいけません。ですので、通常の求人システムよりも高度なものが求められます。

その為、一から求人システムを作るというよりは「あらかじめ会員機能が実装されている求人システムを使う」場合が多いと思います。

独自の求人システムを開発依頼する【100万円~】

「求人サイトを構築」では主に制作会社が所持する求人システムや市販されている求人パッケージを使って構築する場合として説明しました。

しかし、既製品ではなく依頼者が望む独自の求人システムが必要になる場合があると思います。そういう時に求人システムを開発依頼した時にかかる費用です。

以前、当方でシステム開発をしていない時に、求人システムの開発をWeb制作会社に相談し、複数社から見積もりをもらったことがあります。

その時に提示していただいた金額がおよそ100~200万円でしたので、その時の金額を目安に記載しています。もちろん、求人システムの規模や実装する機能によっても大きく金額が異なります。

その他に必要になる金額とは?

求人サイトをネット上に公開するために必要な独自ドメインや、レンタルサーバーの初期費用・月額費が必要になります。これらは俗にいう維持費となります。

ドメイン費用は年間数百円~2000円前後、サーバーなら月額1000円~が目安になります。サーバーについては以下の記事に詳しく記載していますので、ご参考ください。

求人サイトの運営に最適なサーバーの選び方
サーバーとはWebサイトやシステムを動作させる時に必要となる、インターネット上に繋がれたコンピュータとお考えいただければ分かりやすいと思いま...
求人サイトの運営に最適なサーバーの選び方のサムネイル

サーバー費用以外に、作ったばかりの求人サイトを宣伝するための広告・宣伝費や、集客を行うためのマーケティング費、専門のコンサルタントに依頼するならコンサルティング費が必要になるかもしれません。

求人サイト構築にお金をかけすぎて、サーバーや広告宣伝にお金をかけられないケースも良くあります。求人サイト構築の予算を計上する時は、先々のことを考えた予算組みが必要になるでしょう。

求人サイト構築料金の相場

以上、求人サイト構築に必要な費用の目安をご紹介しました。ただ、上記は幅広く目安を記載しているため、いまいちどのくらいの予算を用意したら良いかわからないかもしれませんね。

そこで当サイトのように独自開発した求人システム・CMSを用いて求人サイト構築を行っている業者を探し、料金の平均値を出したいと思います。平均値があればどのくらいの予算が必要なのかご想像いただけると思います。

探し方はGoogleで「求人サイト構築料金」と検索し、2ページ以内に存在する業者の中で、料金を公開している会社を対象にしました。また、料金は初期費用のみで、一番安いプランを対象にしています。

7社合計で、391万6,000円となり、平均値は55万9429円(四捨五入)となりました。

※2018年10月26日調べ
※月額費用や管理費などは別

2017年6月5日に実施した調査では平均59万6,714円だったので、数値は少し低くなっています。金額的には大きく変わりませんが、安く提供できる業者も増えたため、平均値が下がったと言えるのではないでしょうか。

もちろん、実際に依頼した場合や要件次第では料金に幅が出てくると思います。しかし、およそ50~60万円が求人サイト構築費用の相場だと言っても過言ではないでしょう。

上記でご紹介した、「求人サイトを構築(会員制)【50万円~】」とほぼ同じ価格帯でもあります。求人サイト構築を外注したい方はぜひご参考ください。

もっと安く求人サイト構築費用を抑えたい場合

Web制作会社に依頼するとどうしても金額は高くなります。複数人でサイト制作に取り組むため、その分の人件費が必要になるからです。そこで個人事業主やフリーランスに依頼して費用を抑える方法があります。

フリーランスに依頼する場合のメリットは料金や納期の相談がしやすく、依頼者の要望に応じて柔軟な対応をしてくれることにあります。特にスキルや経験のある方の場合、料金も納期も安く・短く抑えてくれるでしょう。

一方、デメリットはサポート面に不安を残すことです。基本的に一人で業務をこなしているため、体調不良や忙しいなどの理由で作業が滞りがちになることがあります。

この点については依頼する人物と何度もやりとりをし、人柄や考え方を把握しておく必要があるでしょう。また、制作実績を確認するのも大事だと思います。

その他、求人サイト構築の制作費用を安くするための方法を記載した記事を書いていますので、こちらもご参考いただければと思います。

求人サイトの制作費を劇的に抑える方法
求人サイトの制作費は他のサイト形態(種類)と比べて高くなりがちです。 どうして高くなるかというと主に3つの要因がありま...
求人サイトの制作費を劇的に抑える方法のサムネイル

ただし、あくまで相手あってのことですので、費用や金額の面ばかりを意識しないようにしてください。

金額以外の面も重視してください

見積もり金額だけを重視してしまい、相場より破格の業者に依頼したら失敗したという話をよく聞きます。契約後に連絡がなくなったり、作ってもらった求人サイトがバグだらけでまともに動作しなかったり。

金額だけを重視して業者選びをしてしまうとこのようなトラブルに巻き込まれる可能性が高くなります。恥ずかしながらWeb制作に詳しい筆者でも過去にそのような経験をしたことがあります。

いくら格安で依頼できても「使えなかった」「サイト運営できない」となっては意味がありません。お金を出しただけ無駄になります。ましてやそれが第三者からの依頼であれば責任問題に発展します。

※第三者とは、発注元が別にいる状態を指します。デザインが得意なWeb制作会社がシステム開発だけ外注して別の業者に依頼するということはよくあります。

ですので、相場はあくまで目安にとどめてください。重要なのはあなたが望む求人サイトをきちんと構築できるか否かになります。あまり金額だけにこだわらず、信頼の置ける業者やサービスをご検討いただければ幸いです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?求人サイト構築に関する相場がなんとなくでもお分かりいただけたのではないかと思います。

求人サイト構築は通常のWebサイト制作・ホームページ制作と比べ、確認する部分が多いため、明確に料金を決めづらい分野でもあります。それだけに求人サイト構築を行っている業者でもあいまいにしているところが多いです。

しかし、当サイトではできるだけ詳しい情報を公開するようにしています。サービス内容料金表といったページを公開し、明朗会計を意識しています。

また、長年の求人サイト構築の経験から「納品までにこういうことがある」ということを想定した上で、オプション料金も設定しています。それでもまだ完璧ではありませんが、お問い合わせなどで明確な金額を答えるようにしています。

もしあなたが求人サイト構築を考えており、費用についてご不安に感じた際は、ぜひお問い合わせください。ご希望の求人サイトを構築する上で必要な費用なカスタマイズ料金を回答させていただきます。

その回答内容を見て他社に相見積もりをとったり、発注をご検討いただければ幸いです。当ブログではこれからも求人サイト構築に必要な費用やお金について掲載していきますので、ぜひご参考ください。

JOB-PLACE