求人ビジネス

求人サイトが財産になるってご存知でしたか?

求人サイトが財産になるってご存知でしたか?のイメージ

財産と言えば大げさに聞こえるかもしれません。財産といえばどうしても貴金属や不動産を思い浮かべてしまう人が多いでしょう。しかし、財産は物体だけではなく「経済的価値がある物の総体」を指すと言います。

今や”情報”も立派な価値を生み、お金を払って購入する機会が増えました。電子書籍を始め、ビジネスの手法を説明した情報商材や有名人が発信する有料メルマガなど、文字だけの情報でも価値を生み、人々はそれを購入しています。

Webサイトも同じです。ただの電子プログラムであっても、人々に「役に立つ・価値がある」と思ってもらえることで金銭のやり取りが発生します。であるならば、求人サイトも立派な財産になるのではないでしょうか?

目次[非表示]

求人サイトが財産になる理由

「財産ってどういうこと?ホームページってただのデータでしょ?」と思うかもしれません。しかし、現在はその情報に価値がある時代です。人々が望む多くの情報があるサイト、質の高いサイトは価値が高まります。

しかも、求人サイトは多くのユーザーが利用するサイト形態です。求職者・企業だけでなく、その業界に対して興味がある人が見たり参考にする時もあります。

求人サイトは求人情報だけでなく、労働関係全般の専門情報が集まりやすいです。求職者は会員登録をし、自身のプロフィールを作成しますが、そのような個人情報も価値になるのではないでしょうか。

情報が多くあるサイトや利用者が多いサイトは「役に立つサイト」としてユーザーに認識されますし、検索エンジンからの評価も高まります。

このように求人サイトは価値を形成しやすいサイト形態であるといえ、それが財産となって後々残ってきます。

求人サイトが売れるって知っていましたか?

まだまだご存じない方が多いのですが、求人サイトは第三者に売ることができます。求人サイトだけでなく、ブログやWebサービスなど、Web上で扱うコンテンツは売買することができます。

以下は有名なサイト売買を扱っているサイトです。

これらは検索エンジンで「サイト売買」で検索すると上位に表示され、サイト売買を行っているサイトとしても有名です。2番めのサイトM&AはIT/Web業界大手のGMOが運営しています。

なお、3番めのサイトキャッチャーは当方でも何度か利用したことがあります。求人サイトではありませんが、ある会員制ポータルサイトはそこそこの金額で売れました。(秘密保持契約がありますので、具体的に説明できなくて申し訳ありません)

これらのサイト売買を行っているサイトでは、過去の案件情報を調べることが出来るのですが、求人サイトに関する取引も多くされています。そして突飛するべきはその売買金額です。

過去の履歴を検索すると、安くても数十万円。数百万円から一千万円を超える金額で売却された案件も多くあります

案件情報を見ても、大手のように会員数やPV数が多いサイトばかりではありません。会員数やPV数も少なく、月間の売上が少ないサイトでも売却されているのです。

しかも売れたのは1件や2件ではありません。「求人」や「転職」で検索すると、SiteStockでは60件以上、サイトM&Aでは20件以上、サイトキャッチャーでは100件以上あります。(2017年6月現在)

詳細に検索すればもっと多くの求人関連サイトが売却されているでしょうし、今回紹介した3つのサイト以外でも売却履歴があります。仲介サイトを通してない売却もあるでしょう。

このような事実から「求人サイトは売れる」のです。しかも「需要があり、割りと高値で売れるチャンスがある」サイト形態と言えるでしょう。

求人サイトを財産にするためにできること

ここまでの説明で求人サイトが財産になる・売れる理由はお分かりになっていただけたかと思います。

ただ、求人サイトが売れると言ってもどんな求人サイトでも良いかと言えばそうではありません。買い手が買いたくなるような求人サイトでないと売ることはできず、売れ残ってしまいます。

求人サイトを売れるようにするためには、上記の”求人サイトが財産になる理由”で述べた通り、求人サイトに価値をつける行動をする必要があります。

求人情報を集めるために企業に営業をかけたり、検索エンジンやSNSからアクセスしてもらうために専門記事を作成したり、ユーザーに対するサポートも丁寧に行う必要があります。

そうした地道な努力を重ね、絶えずサイトを更新していき、情報を蓄積していくことが大切です。それが結果として求人サイトの価値に繋がり、値が上がっていく要因になるでしょう。

ただ、売却するのはあくまで「運営できない何らかの事情」が起きたときにしてください。せっかくあなたの努力で価値をつけた求人サイトをそう簡単に手放すのはもったいないです。

経営者として事業者として一番良いのは「求人サイトで稼げるようになること」です。それができれば売却するよりも多くの金額を安定的に得ることが出来るでしょう。

ですので、売却はあくまで最終手段の保険代わりとして留めてください。本線は「求人サイトで利益を上げる」ことを意識していただき、そのための努力をしていただければと思います。

「後から売れるから無駄にならない」という認識を持ていれば、日々のサイト運営も苦にならないのではないでしょうか?この事実を知ってるか知っていないかだけでもだいぶモチベーションに違いが出ると思います。

ぜひ「頑張って努力することで日々、求人サイトの価値が高まる」という意識を持って求人サイトの運営に励んでいただければと思います。

JOB-PLACE