ノウハウ

求人サイトの記事作成で使える!定番テーマ10選

求人サイトの記事作成で使える!定番テーマ10選のイメージ

求人サイトのアクセス数を増やすためには、オリジナルコンテンツが欠かせません。求人サイトで扱う業界やジャンルに沿った情報を発信することで、求職者はもとより、求職者以外のユーザーにもアピールすることができます。

求人サイトのオリジナルコンテンツにもさまざまありますが、「お役立ち情報」や「転職ノウハウ」といった、情報コンテンツは記事を作成しやすいです。はじめて求人サイトを立ち上げるという方にオススメのコンテンツです。

ただ、はじめて求人サイトを運営する方は、どんな記事を書けば良いのか悩まれると思います。適当な記事を作ってもユーザーは見てくれませんし、SEO(検索エンジン対策)にとってもマイナスです。

どうせ記事を書くなら多くの人に見てもらいたいし、記事をきっかけに求人サイトのアクセスアップや会員登録につなげたいですよね。

そこで今回は、求人サイトでよく作られている定番テーマをご紹介するとともに、どんな記事を書けば良いのか?についてもご紹介したいと思います。

どんな記事を書けばよいかわからない方や、最初の記事作成でつまずかれている方は、ぜひご参考ください。

目次[非表示]

1:職業紹介

例)
・美容師ってどんな仕事?徹底解説します
・初心者にもわかる!「ナースのお仕事」

あなたの求人サイトが業界・ジャンル特化型である場合、その業界や職業を紹介する記事を作成しましょう。特化型ではない場合でも、求人サイトで扱っている職種であれば構いません。

その職業に対して具体的な仕事内容を説明します。文章だけでなく、写真を使って解説すると、わかりやすくなるでしょう。仕事内容だけでなく、社会的意義や目的を伝えると、職業に対する興味も湧いてきます。

職業紹介に関する記事を作成することで、求職者以外のユーザーにも興味を持ってもらえます。SEO的にも同じジャンルの記事が多くある方が評価も高くなるため、ぜひ用意しましょう。

2:始め方

例)
・はじめてでも安心!転職活動の始め方
・知ってた?転職のベストな時期は2月

転職活動や仕事探しをしたいと思っている人向けのテーマです。転職活動の手順(流れ)を紹介したり、転職活動前に不安に感じられる部分を補うような記事を作成すると良いでしょう。

特に季節に関連した記事は作成しやすいです。学生なら春から進学してアルバイトを考え出す時期ですし、社会人なら人事が決まる2月・3月は転勤があったり、転職を考える人も増えます。

また、業界によっては転職しやすい時期・しづらい時期もあります。それを記事にすることで、独自性が出るとともに、求職活動を促す効果もあるでしょう。

3:探し方

例)
・やりたい仕事が見つかる!自分に合った仕事の探し方
・将来のスキルアップにつながる!バイトの探し方

転職やアルバイトをしたいと思っているものの、どうやって仕事を探したら良いかわからないという人がいます。そういう人向けに「こうやって仕事を探せば良いですよ」「求人情報のここを見てください」ということを紹介する記事を作成します。

記事を作成する時は、「給与」「福利厚生」「休日・休暇」「スキルアップ」など、求職者の興味があることをキーワードにし、仕事探しのメリットを紹介するような記事であると読んでもらいやすくなります。

また、仕事探しの不安を解消するような記事も有効です。今はブラック企業やブラックバイトが社会問題になっており、ひどい目にあうんじゃないかと不安で職探しできない人が多くいます。

そういったユーザーの不安を和らげるために、「ブラック企業を見抜く○つのポイント」や「給与や勤務時間の表記が曖昧な企業は危険!」といった内容の記事を作成し、注意喚起します。

求人サイト自らがこのような情報を発信することで、「ブラック企業がいないサイト」として信用を得やすくなります。また、企業に対する警告にもなりますので、安心・安全を目指すサイト作りに役立ちます。

4:応募・履歴書

例)
・採用担当者の心をつかむ、志望動機の書き方
・口下手でも大丈夫!電話のかけ方マニュアル

求人サイトの応募に限らず、求人に応募するのが苦手だという人がいます。「自分のことをちゃんと説明できるのか?」「失礼な内容になっていないか?」ということが不安で、なかなか応募できないという人も多いでしょう。

そんな人のために「求人応募の仕方」や「履歴書の書き方」を紹介する記事を作成します。 求人サイトの場合、どちらもサイト上から手続きをしますが、求人サイトに限定した記事でなくても構いません。

応募電話のかけ方やトーク集を紹介しても良いし、紙媒体の履歴書を見本にした書き方を紹介しても良いでしょう。履歴書なら「志望動機」や「自己PR」の文章は悩みの種になりますので、記述例があると参考になります

もちろん、求人サイト上の履歴書作成を紹介する記事でも良いです。その際は画面キャプチャーを用意し、各項目を説明する記事があるとわかりやすくるでしょう。

5:面接

例)
・もう緊張しない!面接の流れとよくある質問
・面接官に好印象を与える身だしなみとは

面接の内容で採用の合否が決まるため、とても重要です。しかし、人見知りであったり、コミュニケーションを取るのが苦手な人は、面接を不安に感じています。そんな人向けに面接を受ける際のノウハウ(面接対策)を紹介します。

服装や身だしなみを整える、面接を受ける際の姿勢を正す、面接で持っていく物の紹介、面接官からよく聞かれる質問、などが面接関係の記事でよく紹介されています。

面接対策に関しては、ネット上にも多く存在しますので、今更必要ないのでは?と感じられるかもしれません。しかし、業界や雇用形態によって面接の方法は異なり、どの会社も同じではありません。

あなたの求人サイトで扱う業界・ジャンルによって面接対策は変わってくるはずです。それを記事にすることで、他のサイトと差別化することができ、オリジナルの面接対策記事となるでしょう。

6:採用・入社

例)
・採用されたらまずやるべき4つのこと
・入社初日に失敗しないマナー講座

企業から採用通知を受け取った後に、何をすれば良いか不安に感じている人も多いのではないでしょうか。採用から入社までの流れは各企業によって異なりますが、一般的な流れとして紹介することはできます。

たとえば「雇用契約の結び方」「入社日に必要なもの」「バイト初日のマナー」などは記事としてよく紹介されています。特にマナーの部分は新入社員やはじめてバイトをする方は見落としがちです。丁寧に説明した記事を用意しましょう。

手順紹介の際は、「1:内定連絡を受ける」「2:内定通知に返事を出す」「3:入社日を決める」のように、数字で示すとわかりやすくなります。

7:退職・退社

例)
・バイトを円満に辞めるための上手な伝え方
・もう辞めたい!と思った時のベストな退職時期とは

退職理由は人それぞれありますが、どなたも円満に退職したいと思っています。しかし、退職の仕方がわからずに決断できないという人も多いのではないでしょうか。そんな退職に不安を感じている方のために、記事を作成します。

「退職を伝える方法」「退職に適した時期」「退職後に必要となる手続き(保険や税金など)」などに関する記事はよく作られています。各業界によっても退職方法は異なるため、ノウハウとして用意すると良いでしょう。

求人サイトを見ている人の中には、在職中の方も多く、求人情報を見て退職の決断をしたいという人がいます。そんな人の背中をそっと押せるような記事を作成すると、退職後もサイトを利用してもらえるようになるでしょう。

8:法律

例)
・知らなきゃ損する雇用契約書のポイント
・所得税のボーダーラインは年収103万円

労働にはさまざまな法律が関係します。雇用者は「労働契約法」や「派遣法」に則って人材を雇用していますが、そうでない会社も多く存在します。また、法律の知識がないことでトラブルに巻き込まれるケースも少なくありません。

そこで働く上で必要な法律の知識を紹介します。実際に雇用関係に強い弁護士に確認してもらいながら記事を作成するのが一番ですが、ネット上にある情報をまとめて作成しても良いでしょう。

たとえば社会保険や労働保険に関する情報はネットでも多く公開されています。出典元として厚生労働省にある記事を引用することもできるので、記事として作りやすいのではないでしょうか。

また、アルバイト向け求人サイトの場合、所得税や住民税の話は重要であり、ユーザーが見落としがちな知識でもあります。記事を用意することで注意喚起にもなり、これからアルバイトをする人にとって参考になるでしょう。

9:資格・スキル

例)
・最短でフォークリフトの免許を取得する方法
・保育士の資格を取る方法と受験資格について

仕事をするために資格が必要な職業があります。たとえば美容師なら「美容師国家資格」が必要になりますし、看護師なら看護系の学校に入学して「看護師国家試験」に合格する必要があります。

資格によってかんたんに取得できるものもあれば、学校に通ったり、国家試験に合格しなければいけないものもあります。そこで、資格の取り方や勉強の仕方、学校の選び方に関する記事を作成します。

資格取得に関する情報を発信することで、求職者以外にもアピールすることができます。その職業に興味があったり、将来なりたいと思っている人に読んでもらえます。

資格が不要な職業であっても、スキル(技術)を紹介するという方法があります。たとえばWebデザイナー向けの記事であれば、「Webデザイナーに必要なソフトとは」「Webデザイナーが最低限身につけておきたいWebテクニック」などの紹介ができるでしょう。

もし、運営者が資格保有者であったり、職業の知識や技術に長けていれば、情報発信することで信頼性にもつながります。企業から求人掲載の依頼も受けやすくなるでしょう。

10:人間関係

例)
・バイト先の人間関係を良くするコミュニケーション術
・お客さまの怒りを鎮める基本のクレーム対応

仕事をする上で人間関係の悩みはつきものです。いくら給料が高くても職場の人間関係が良くないと長く続けられません。また、パワハラ・セクハラに悩んで転職を繰り返している人も多いです。そんな人間関係に悩む人向けの記事を作成します。

職場の上司や部下とのコミュニケーションの取り方を紹介したり、悩み解決になるような記事にします。アルバイトなら、お店に来るお客さまに対する接客術やクレーム処理の方法を紹介しても良いでしょう。

人間関係の悩みは職業や雇用形態を問いません。働く人全ての問題ともいえます。人間関係を良好にし、長く仕事を続けられるのは求職者がもっとも望むことなのかもしれません。それをノウハウとして提供することで、サポートの役割にもなります。

記事のタイトルにも工夫する

記事のタイトルはとても重要です。「履歴書の書き方」「応募の仕方」といったありきたりなタイトルだと、読んでもらえません。タイトルを見た人が「これなら読んでみたい!」と思えるような工夫が必要です。

とはいえ、タイトル作りもかんたんではありません。文章を作成するのになれていない方だと、タイトルを考えるだけでも苦労するのではないでしょうか。タイトルが決まらないから記事を書けないという人も多いと思います。

そこでオススメしたいのが、「テーマ」と「ターゲット」を含める方法です。たとえば初心者をターゲットにした記事であれば、「初心者でもわかる!バイトの始め方」といったように、テーマとターゲットを含めたタイトルにできます。

また、「感情」を含める方法もあります。「もう失敗しない!バイト探しの方法」「電話が怖い人でも大丈夫!応募電話マニュアル」というように、悩みの元となる感情を含めたタイトルにすることで、ユーザーの目を引くことができます。

「どうしても自分では思い浮かばない!」という方は、自動でタイトルを作成してくれるツールを使いましょう。以下のサイトではキーワードを入力するだけで、記事のタイトルを自動作成してくれます。

求人サイトやビジネス向きではないタイトルが作成されることもありますが、こういったツールを活用し、記事タイトルを考える際の参考にしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回ご紹介したテーマは、あなたも求人サイトや転職系サイトで見かけたことがあるテーマだったのではないでしょうか。それだけに「今更こういう記事を作っても意味があるの?」と思われるかもしれませんね。

「面接の受け方」や「履歴書の書き方」など、基本的な雇用に関する情報はすでに多く存在します。同じテーマを扱って記事にしても似通った内容になることが多く、目新しさは少ないかもしれません。

ただ、業界や業種、職業によっても内容は変わります。たとえば美容師と看護師では面接のやり方ひとつとっても、違いが出てくるのではないでしょうか?違いがあるのなら、それを記事にして情報発信することは、とても有意義なことになります。

「どうせ他のサイトがやっているから必要ない」と決めつけずに、あなたの求人サイト視点から見た、「定番テーマ」を発信するようにしましょう。同じテーマであっても、書き手が変われば内容も変わってきます

定期的にオリジナル記事を追加することで、求人サイトの情報量が増え、質も高まります。検索エンジンの評価も高まり、集客につながっていくでしょう。

関連記事

成果報酬型求人のデメリットをプラスに変える方法のイメージ

成果報酬型求人のデメリットをプラスに変える方法

求人サイトで成果報酬型のビジネスモデルといえば「採用課金」が有名です。採用課金とは、企業が求人サイトから応...

求人サイト運営で気をつけたい10のことのイメージ

求人サイト運営で気をつけたい10のこと

求人サイトを運営していく上で、気をつけなければいけないことがいくつかあります。特に初めてサイト運営をする方...

信頼される求人サイトを作るための5つのポイントのイメージ

信頼される求人サイトを作るための5つのポイント

突然ですが、あなたが物を買ったり、お金を出してサービスを受けようと思う理由は何でしょうか?どうしても欲しい...

求人サイトで現金プレゼントキャンペーンを行う方法のイメージ

求人サイトで現金プレゼントキャンペーンを行う方法

ZOZOTOWNの前澤友作氏がTwitterで行った「100人に100万円のお年玉をあげる」として実施した現金...

意外と読まれている!?よくある質問(FAQ)の作り方のイメージ

意外と読まれている!?よくある質問(FAQ)の作り方

サイトの使い方や会員登録の仕方などが書かれている「よくある質問」。ユーザーから質問されることが多い内容をQ&a...