集客

求人サイトの集客にアフィリエイト広告を使うのはあり?なし?

求人サイトの集客にアフィリエイト広告を使うのはあり?なし?のイメージ

以前、JOB-PLACEのプレスリリースを見たと言って、アフィリエイトASP大手であるA8.netの担当者から電話がかかってきました。内容は「アフィリエイトを利用しませんか?」という広告掲載のお誘いでした。

当サイトは事業主を対象としたBtoB(企業間取引)が主なので、個人ブロガーが多いアフィリエイトは広告先として向かないと思い、お断りしました。

その考えは今でも変わりませんが、求人サイトに関して言えばアフィリエイトを利用することは大いに広告戦略として活用できるという事がわかりました。

目次

求人サイトのアフィリエイトとは

アフィリエイトとは、自身のサイトで広告素材(バナー画像やテキストリンクなど)を設置し、その広告をクリックしたユーザーが会員登録や商品購入をした時に、報酬が発生する仕組みです。

求人サイトの運営者がアフィリエイトを利用する場合、成果の手段として以下の使い方が考えられます。

  • 会員登録
  • 求人応募
  • 資料請求
  • 転職支援の申し込み

などがあります。いずれも広告をクリックしたユーザーが行動を起こさない限り広告主には課金されないので、無駄な広告費をかけずに集客することができます。

求人サイトのアフィリエイト利用は多い

A8.netでは「転職・求人・アルバイト」ジャンルに該当するおすすめの広告主を紹介しています。

参考:A8.net おすすめ広告主-転職・求人・アルバイト | 【アフィリエイトA8.net】

同じくアフィリエイトASP大手のバリューコマースでは「就職・転職・アルバイト特集」として、求人関係のアフィリエイトを扱う広告主を特集しています。

参考:就職・転職・アルバイト特集 | ASPのバリューコマース アフィリエイト

どちらも「求人・転職」というジャンル(カテゴリー)を用意しているわけですから、それだけアフィリエイトを利用する求人サイトや人材紹介会社が多いということになります。

求人サイトのアフィリエイトは稼げる!?

Googleで「求人 アフィリエイト」と検索すると、求人関係のアフィリエイトに関する記事がヒットします。主に転職に関するサイト・ブログが多い印象です。

ヒットした記事の多くはアフィリエイターが運営するサイトです。そして「求人(転職)アフィリエイトは儲かる!」という主旨で、いかに求人系のアフィリエイトが儲かるかを説明しています。

このようにアフィリエイトの世界で求人というジャンルは「儲かるジャンル」として認識されています。アフィリエイターがそう思っているということは、それだけ広告報酬額が大きいということです。

一体どのくら求人系アフィリエイトは儲かるのでしょうか?その答えがアフィリエイトASPの広告素材にありました。

求人アフィリエイトは高額報酬を得られる!

アフィリエイトASPにある会員用の管理画面にログインすると、各求人サイト(広告主)が登録している広告素材を閲覧することができます。

ただし、こちらは会員登録をしないと閲覧できないため、どんな広告があるか公表するのは控えます。ASPのサイト会員になっている方はご自身でログインしてご確認ください。

改めて公開されている情報として、「求人サイトのアフィリエイト利用は多い」の項でご紹介した「就職・転職・アルバイト特集 | ASPのバリューコマース アフィリエイト」をご覧ください。

一部の広告主のみ紹介されていますが、その金額や条件をご覧ください。なんと、広告をクリックしたユーザーが会員登録するだけで6000円前後の報酬が得られるのです!

会員登録以外にエージェントへの面談申し込みや仕事応募後に発生する広告もあります。それぞれ報酬額は異なりますが、様々な報酬条件があることがわかります。

その他、バリューコマースの管理画面にログインすると、薬剤師の求人サイトが1万円~、医師の場合は5万円という広告もありました。これはアフィリエイトの世界でもかなり高額です。

アルバイト系求人サイトの広告は数百円と少なめですが、就職・転職関係の求人サイトは報酬額が多いです。これは後者の方が求人広告費を多く貰っているからでしょう。

ということは裏を返せばそれだけ求人サイトが儲かっているということです。もちろん、広告主は大手求人サイトが多いので、元々の資本力はあるでしょうが、それでも儲からないとこのような報酬額は出せません。

求人・転職を扱った個人サイトも多い

求人サイトのアフィリエイト報酬が高額だということは、求人・転職を扱う個人サイトも多くなります。なぜなら、アクセス数を増やせば高収入につながりやすいからです。

実際に「おすすめ求人サイト」で検索すると、求人サイトを紹介するアフィリエイト目的のサイトが多くヒットしました。ただ広告を貼るだけでなく、工夫して広告っぽくない見せ方をしています。

求人サイト側としては、このように個人サイトで紹介されると会員登録や求人応募の機会が増えます。仮に広告の出稿を止めても個人サイト側で書き換えない限りはずっと宣伝してくれます。

今は人手不足で求人業界も盛り上がっていますから、今後ますますこういった個人サイトは増えてきそうです。求人サイトへの新たな集客手段として活用できるかもしれません。

自前アフィリエイトをしている求人サイトは少ない

アフィリエイトASPを通さず、自前でアフィリエイトを行っている求人サイトがないか探してみたのですが、ほとんど見つかりませんでした。

システム的に言えばアフィリエイトの仕組みはそれほど難しくはないので、求人サイトを開発できる会社なら導入も可能だと思っていたのですが、現実に導入されていないようです。

これは求人サイトが新規ユーザーを対象としたサイト形態だからでしょうか。会員になっても仕事が決まれば求人サイトを利用することがなくなりますから、自前アフィリエイトの効果は薄いかもしれません。

ただ、アルバイト系求人サイトなら、「友達紹介で○○円の報酬を贈呈」のような広告戦略が行えると思います。(※アルバイトは離職率も高く、大量雇用をすることが多いため)

また、会員の中にもブログを運営している人はいるでしょうから、「私はここの求人サイトを使って就職しました」という記事とともに、広告を設置してアフィリエイト収入を得ようとする人がいるかもしれません。

アフィリエイトASPを通すとASP側に支払う手数料がかかりますが、自前で用意すればその必要はありません。自前アフィリエイトも集客方法として可能性がある手段だと思います。

まとめ

当方では以前、アフィリエイトASPを構築できるWebシステムの開発を行っていました。JOB-PLACEのようにCMS化したアフィリエイト専用システムを8割方作っていたのですが、不完全のまま開発を中止しました。

中止した理由はサービス提供に対する事業計画が成り立たなかったのと、アフィリエイトに詳しいスタッフが辞めたというのもあります。

筆者もアフィリエイトに関する知識は乏しく、基本的なことしか知りません。ですので、現在のアフィリエイト業界は何が流行りで何が高収入を得られるか分かっていませんでした。

しかし、今回の記事を書くにあたって調べたところ、「求人・転職系のアフィリエイトは儲かる」という事を知りました。少なくともアフィリエイターにはそのように認識されているようです。

求人サイトの広告といえば、これまではリスティング広告(Googleアドワーズ広告など)を勧めてきたのですが、今後はアフィリエイト広告も検討しなければいけないなと思いました。

求人サイトの集客方法でアフィリエイトを使いたい人や自前アフィリエイトを実装したい人は、ぜひご相談いただければと思います。本ブログでもまた求人アフィリエイトについてご紹介したいと思います。

関連記事

求人サイトの集客で必要なのは量より質のイメージ

求人サイトの集客で必要なのは量より質

市販されているマーケティング本やアクセスアップに関するノウハウサイトでは、「いかに多くのユーザーにアクセスして...

求人サイトを作る前に注意したいことのイメージ

求人サイトを作る前に注意したいこと

求人サイトもその他のサイトも同じですが、ただやみくもにサイトを作るだけでは上手く行きません。事前に計画性を持っ...